お知らせ

【業界情報】高齢者向け住まい紹介事業者公表制度の創設

公開日: 最終更新日:

2020年6月から、高齢者住まい事業団体連合会(高住連)は、「高齢者向け住まい紹介事業者公表制度」を創設しました。これにより今後は、一部の悪徳紹介業者が減り、逆に老人ホーム紹介事業者の存在やその役割を多くの方に知っていただけるものと期待しております。

5月26日に高住連主催で「高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度」説明会が老人ホーム紹介事業者向けに開催され、弊社のスタッフも参加させて頂きました。

「高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度」の一部目的と届出・公表項目を下記に記載しましたのでご覧ください。

■目的

本制度は、入居検討者やその家族、ケアマネジャーや医療機関にとって、高齢者向け住まいの相談先の参考となるよう、高齢者向け住まい紹介事業を行う事業者(紹介事業者)の一覧を公表するとともに、紹介事業者の相談・紹介の質を高めることを目的とします。

■届出・公表項目

①法人名 ②運営上の呼称 ③代表者名 ④住所 ⑤電話番号 ⑥FAX番号

⑦代表メールアドレス ⑧事業所数 ⑨従業員数  ⑩相談員数 ⑪事業開始年月

⑫HPアドレス ⑬紹介可能エリア ⑭契約法人(運営会社)数 ⑮契約ホーム(事業所)数

⑯中心となる相談方法 ⑰<対面系>成約実績数(前年度)

⑱< WEB 系>HPのユニークユーザー数(前年度)

以上、2020年6月より「高齢者住まい事業団体連合会」への『届出』が求められ、同年10月以降ホームページ上で公表されることが決定いたしました。届出に関しましては、各事業者の任意になりますが、登録された事業者は高住連のホームページにて検索できるようになる予定です。

弊社リーブスは登録を予定しておりますが、これまで以上に皆様に「安心して任せられる紹介会社」と思っていただけるよう、精進してまいる所存です。

高齢者向け住まい紹介事業者公表制度の創設新聞

ページの
先頭へ