お知らせ

老人ホームの選び方vol8 老人ホーム見学のポイント前編(介護カレンダーサイト)

相談員の石田です。株式会社ベビーカレンダーが運営するインターネットサイト「介護カレンダー」の広報担当者様からサイトに掲載する記事の執筆依頼を頂き、1月より「老人ホームの選び方」について書かせて頂いております。

月1回、年12回の連載予定で、 『老人ホームの選び方』に関して、教科書通りではなく、実際の現場目線での視点にたった具体的な内容を掲載しています。連載も今回で第8回目となります。

前回の第7回目までで、「老人ホームの探し方」や「老人ホームの種類」、「老人ホームの費用」など、老人ホームの基本の知識について解説しました。

今回の第8回目は、老人ホーム探しで一番重要となる「老人ホーム見学のポイント」について解説しています。1回では全部が収まらない内容でしたので、今回の前編と第9回の後編の2回に分けて解説します。ご興味のある方はご覧頂ければ幸いです。

なお、今回の記事で「老人ホームの見学は予約の電話から始まっている」という内容を書かせて頂きましたが、この予約の電話の前段階でご相談者様から多い誤解についてお伝えします。

弊社にご相談に来られる前に、ネットである程度老人ホームのホームページや物件サイトをご覧になった方が「〇〇老人ホームが良いと思ったのですが”満床”と書いてて~」や「△△老人ホームが1室空いていると書いていたので~」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

いつも、「ホームページや物件サイトに書いている空室情報は当てになりません。」とお答えしています。というのも、単純に老人ホームの担当者の方の更新作業の遅れや、電話してみると「満床」と書いていても空く予定の部屋がある場合や、空いていると書いていても実際にはすでに申し込みが入っていて実質的には空き室がないケースもよくある為です。

ネット上に書かれている空室情報は鵜呑みにしないようご注意ください。ただ、老人ホームの正確な空室状況に関して自分で1件1件電話をかけて確認するのも、担当者がなかなかつかまらず時間がかかるケースもあります。自分で問い合わせるのが大変な方は、リーブスが代わりに正確な空室状況から受け入れ態勢まで確認しますので、お気軽にご相談ください。

※介護カレンダーサイトの「老人ホームの選び方」ページに記事がアップされております。

『介護カレンダー  https://kaigo-calendar.jp/ 』

『掲載ページ https://kaigo-calendar.jp/post/3994/ 』

介護カレンダー

介護カレンダーサイトとは?

「介護に対する不安」をおもちのかた、特に「高齢者向け介護施設」を探すかたに向けたWebサイトで、有料老人ホームだけではなく特養や老健、療養病棟等、高齢者向け施設全般に入居された方の『介護施設探しの体験談』をメインコンテンツに、介護や高齢者施設に関する役立つ情報を総合的に発信しているサイトです。

ページの
先頭へ